ファミリーブログ ingfamily.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イングファミリーが綴るあれこれ


by ingfamily
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


H27.9.18 ハリオご飯釜


佐藤です。
シルバーウィークに、お客様が我が家に来るのに炊飯器に不具合発生。
炊飯器を物色するが決まらず断念。
インターネットで調べてみると電気炊飯器より土鍋で炊いたご飯がおいしいみたい。
そこで手頃でかんたんに土鍋ご飯が炊けるというハリオご飯釜を購入。
b0184721_18355281.jpg

早速ご飯を炊いてみる。
説明書通り米をとぎ30分水に浸す。

b0184721_18433440.jpg

土鍋に米を入れ1合につき200mlの水を入れる。

b0184721_18465857.jpg

b0184721_18474424.jpg

強火で加熱9分くらい。

b0184721_18501764.jpg

ガラス蓋内側に泡が発生しホイッスルが鳴ってから1分ほど待ち火を止める。

b0184721_1855610.jpg

15分蒸らしたらできあがり。

b0184721_1857916.jpg

炊けたらすぐにしゃもじで十字に区切り下からほぐす。
b0184721_190693.jpg
b0184721_1903976.jpg

これでできあがり。

b0184721_1925222.jpg

鍋底はこんな感じ。

b0184721_1945040.jpg

おこげご飯を作るときはホイッスルが鳴ってから3分ほど加熱するらしい。
手軽に土鍋ご飯が炊けましたが、釜を洗うのに少し手間がかかる。
新米を炊くのが楽しみだ。
by ingfamily | 2015-09-18 19:11 | 我家(うち)の話 | Comments(1)

今年の初め、お風呂場のコーキングを自分でやり直した・・とブログに書きました。しかし、所詮付け焼き刃なコーキング処理・・しばらくすると、黒カビが発生!!
まぁ・・それもわかるのです、新しいコーキングをするときは、古いコーキングを取り除かないといけない。カビの繁殖したコーキングの上に、上乗せコーキングをしても・・やっぱりカビがまた出てくるんですよ(;_;)

今回は、万全な準備をして再コーキングにチャレンジしました。
まず古いコーキングをカッターで取り除き・・おまけにドライヤーで水気を飛ばします(^_-)
b0184721_20274037.jpg

次にきっちりマスキングテープです。b0184721_20301465.jpg

コーキングを注入です!そしてすぐにマスキングテープを外す・・これ大事なんですよ。すぐ外さないとコーキングに浮きが出て、水が入りやすくなるんです・・b0184721_20332087.jpg
こんな感じに仕上がりました。8月初めに作業して約1ヶ月・・今のところ綺麗なままです(^_^)
by河野でした。
b0184721_2035345.jpg

by ingfamily | 2015-09-10 20:50 | Comments(0)

b0184721_14412597.jpg今日は、昨日までの雨が上がり、最高にいい天気。
今朝までの蒸し暑さもぬけ、吹く風は涼やか穏やか。
気配は、秋です。
夏休みの大学生も東京に帰って行きました。
大学生帰るは秋の季語のようですね。

帰省してた若者たちがいなくなると、
地方は小さな子たちと高齢者になります。
たぶん日本全国。

そこで各地で地域おこし事業が増えているようですが、
先日、わたくしの実家に白羽の矢がささり?お話をいただきました。
「空き家活用なんとか事業」とか。
空き家になっている実家を活用してくださるようで。
実家は普段住む人もなく、維持管理はほどほど適当にしていますが、
夏に帰ったときはこんな感じ。
b0184721_14564398.jpg
春以来のご訪問で、草だらけでございます。
山の下なので、ツタや桐の木などといった自然が覆ってきます。
やむを得ず、旦那様ががんばって玄関回りだけ草むしりして
b0184721_1457283.jpg
こんなとこ。まあまあよくなった。   えっ、わたし?私は記録係でカメラマン。
手をかければいい家なのに、ただ痛んでゆくのは忍びなく・・・

そんなときに前述の白羽の矢でございます。
町からの紹介で県外の方が住んでいただけるようなのです。
すでに外からはご覧になって気に入ってくださったとか。
空き家を復活させるのですから、いろいろ問題はあるかもしれませんが、
どうぞこのお話がまとまりますように~・・・と祈っております。
住宅は、人が住んでこそ活きてくるのです。

そんな縁で地域おこし協力隊のことをネットで見てみましたが、若い人たちがこんな田舎でがんばっているんだな・・・頭が下がります。

こんな寂れた町にしてしまった責任の一端を思いながら、負けるな!田舎!  by Yellow
by ingfamily | 2015-09-03 15:24 | 我家(うち)の話 | Comments(0)