ファミリーブログ ingfamily.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イングファミリーが綴るあれこれ


by ingfamily
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



最近たくさんいただく柿の件。
先にも書きましたが《くらし便り見てね!》数日前に渋抜きをしていない渋柿が舞い込んできました。

b0184721_9573165.jpgおお!ずっしり。渋柿はムリ~て言ってたのですが、型があまりいいので欲と好奇心がわいてしましました。
いただいた方と初めての干柿作りに挑戦することになりました。
b0184721_95740100.jpgまずは皮をむきました。
量もあって大変かと思ってたけど、思いのほかスルスルと楽しい。
b0184721_9574898.jpg干し柿用の柿はへたのあたりを傷つけてはいけないそうで、枝を付けて切るらしいです。
傷付くとカビが生えやすいとか。
んん。ちゃんとなってる。
で、そこにひもを結びました。




鍋に沸騰したお湯を用意し5秒ほどくぐらせてから干す。
と教えられまして、その通りに。
何のためでしょうかね、カビが生えやすいと言うから殺菌かな?
b0184721_9575859.jpg干す場所は、軒下にと言われたけど、手の届くような軒下が無いので、楽ちんな物干へ。
雨や夜露はいけないだろうと、ビニールカバーをしました。
b0184721_958770.jpgふふっ。
季節の風物詩みたい。
「柿すだれ ふかれてみたい ほし柿の粉」
な~んてね  
b0184721_9582351.jpg色 きれい。
ずっと干しっぱなしでいいのかな?
いつころ食せるのかな。

by yellow

by ingfamily | 2012-11-24 10:23 | おいしい話 | Comments(2)

H24.11.19 いけばな展へ


秋田県総合いけばな展 1次最終日です。 
知り合いが出展されているいけばな展へ行ってきました。
自分たちも「お稽古」というのをしていただいてるのですが、仕事の傍ら続けることが難しくています、
やめちゃった訳では無いんですよ。
ず~っとお稽古を続けられた方の作品を見て、今日は目から稽古です。

入口で。 第70回なんだ。日本の文化だものね。歴史があります。
b0184721_11172778.jpg
大作揃いです。b0184721_9451591.jpg
b0184721_9454821.jpg   造形という分野  いけばな=芸術だあと思える
b0184721_9454133.jpg
018.gif花の癒し効果について
花がある空間では意識していなくても体は自然とリラックス、イライラやストレスが軽減され、活力が得られる。
という研究があります。

b0184721_9452566.jpg
それでか、普段あまり感心なさそうな私たちが、イキイキと批評していました。
これからの受験シーズンお子様のまわりにさりげなく、置いてあげてはいかがでしょう。
(3次11/25まで開催中)

by yellow(本日カメラマンでした)
by ingfamily | 2012-11-21 10:47 | イベント | Comments(0)

H24.11.3 DYIする


本日の目標は、エイジングな塗装で味わいのある鏡枠をつくる!!

最近、ズ~っと雨じゃあないですか。
晴れたら外で木枠をつくってと思っていたんだけど、晴れやしない。
大雨警報続き。重ねて突風に注意。
しょうがないから、居間で作業します。

b0184721_15463728.jpg角は、やっぱ留めかァ
別に縦がちでもいいよ。
私のこだわりは、塗装に有り。
いややっぱ、留めだろ。
納まりにこだわりのあるこの人、そこは譲れないらしい。
b0184721_15464720.jpg留め。
角を45度で合わせること。
そんなに簡単じゃないので、パテを詰めて磨く。
b0184721_15471696.jpg磨く。みがく。

リビング散らかり放題。
b0184721_15473688.jpgこんなところでどうだ。
エイジングなので多少のがたつきは味わい、と私は思えるのだが頑張っている。

んっ。
食後の片付けもすんでないな。
顔もいささか赤いですね。ご勘弁を。
たのしみながらやっております。
b0184721_15594977.jpg後で色を出すために茶色を塗っておく。
b0184721_1604689.jpgチョイと。茶色のままで結構いいんじゃないか。
確かに。でも今回はエイジングで、ホワイトなのです。

b0184721_1611049.jpgということで乾いてからミルキーホワイトを重ね、サンドペーパーでこすります。
b0184721_1612168.jpg古くなってはげた加減はお好みですが、今回はひと様へのプレゼントなので、抑え気味。
b0184721_167552.jpg早速次の日、取付。
引っ越しおめでとう。   by yellow 
by ingfamily | 2012-11-17 16:16 | Comments(0)

H24.11.6 にこの日 秋


早い。今年もあと二ヶ月きりました。

こないだまで残暑きついよ、なんていってたのに。寒いのもまたきつい。

東北人は暑さに弱いけれど、寒さに強いわけではないですからね。



前回のブログはまだ残暑が続いていたような015.gif

…さ、NIKOの日の報告です~。
b0184721_10411022.jpg


今回は私、鈴木が担当。

NIKOの日は予算も決められていて、

それぞれスタッフがもちまわりで企画します。

こんな感じで案内を作り予定をに何お知らせ。


千秋美術館~なかいち~新県立美術館  

の駅前コース。




b0184721_1165075.jpg
なかいちに駐車して徒歩でアトリオンヘ

エントランスにはシンボルの花時計

少し待って、開花見物

高校時代以来のような気がする。





b0184721_11194449.jpg
いざ千秋美術館


この日、開催されていたのは

広島にあるウッドワン美術館名品選
日本近代絵画の巨匠たち

そう、ウッドワン。イングでもお世話になっている

建材メーカーウッドワンが所蔵する美術品。



もちろん写真撮影は禁止なので中の様子はないのですが、私にもわかる大作がたくさん。

横山大観《富士》、岸田劉生《麗子》、黒田清輝《木かげ》など。

他にも、植村松園、平山郁夫…なんでも鑑定団できいたことあるっ!てな感じで(私は)。




b0184721_137496.jpg



昼食はなかいち内の

比内地鶏生産責任者の店あべやにて




b0184721_13143390.jpg


先附は地鶏の刺身も







b0184721_13182069.jpg
コラーゲンたっぷり水炊き鍋

最後はいなにわうどんを入れて

ゆずのアイスでさっぱりとシメ

ぷるんぷるんになった気分で


新県立美術館




b0184721_13412830.jpg
7/21から暫定オープン中


暫定 ってのは安藤忠雄の設計した建築としての美術館を

見てください  ということでまだ美術品はありません


よってお金も払わなくてOK





b0184721_13492732.jpg

巨大自動ドア

日本にはないサイズだそうで

かっこいい

建物とのバランス




b0184721_13522498.jpg

入ると  だだーんと  

宙づり螺旋階段

写真の撮り方がヘタです!(私だ!)

このてすりの羽一枚一枚が

一つの点を向いているらしい

説明してくれたお姉さんがいってました




b0184721_1485076.jpg
現県立美術館が

三角形屋根ということで

三角形がいたるところにある


これはエントランス床






b0184721_14131677.jpg


エントランス天井







b0184721_1416674.jpgb0184721_14162120.jpg


階段に照明の配置まで三角








b0184721_14182314.jpg


しかも照明は

ジョイント部にブラケットなどがついてない

三角形がとぎれないため







b0184721_14234457.jpg見所の水庭

お、右の上

隅に見えるのが現美術館

三角?といえば三角か








b0184721_14294948.jpg
配置された家具もコンクリートに合うように

安藤氏が自分で選んだとのこと

お堀と連続した景色で気持ちの空間


水庭の冬はどうなるのか

三角がゆえにとんがった空間の隅

四角い部屋ってあるのかな

冬さむそー

など思いつつ それもまた 

さすが安藤忠雄ってかんじでした








b0184721_14341452.jpg
千秋美術館でGETした

麗子飴

ちゃんと金太郎飴になっていて

繊細な技術に感動038.gif


新県立美術館は25年秋オープン予定。

それまでは自由に見学できるので

皆さんも安藤建築御覧になっては?

冬に行ったら、どんなだったか教えてー











 
by ingfamily | 2012-11-06 14:58 | NIKOの日 | Comments(0)