ファミリーブログ ingfamily.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イングファミリーが綴るあれこれ


by ingfamily
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


H22.8.28 里帰り


佐藤です。
今年の夏は、久々の墓参りに、小樽へ帰省。
土崎から新日本海フェリーで北海道へ、早朝、船上の人になる。
まあ、2等船室(ごろ寝)ですが。青函よりは、かなりいい。

b0184721_21303238.jpgb0184721_11173448.jpg

b0184721_14452170.jpg苫小牧着夕方5:00過ぎ。夕方とはいえ今年の夏は、
天気続きで暑い。
札幌・小樽に向かう途中、
白い恋人のやたら大きな看板に気温が表示されている。
ただ今の気温18.7℃。
おうっ。北の街は、涼しそうだ。。

ちなみに、この辺りの道路は、片側2車線(たぶん)なのにラインがない。
隣に気を配る思いやり車線(?)になっている。通ったときは、気を付けてください。b0184721_11204126.jpg

b0184721_14485474.gif


翌日、スキー場よりもきつい斜面に立つ、墓石に手を合わせた。
ほんの数分のこころの充電でも、墓参りをすると安堵する。
また、今年後半もがんばるぞ~

フェリーが、秋田の土崎港から出るようになって便が良くなったが、数が少ないので、
用がすんだからとすぐに帰ることはできない。この日は、船便のない日。のんびりしますか。

b0184721_228832.jpg久しぶりなので母親と親戚廻り。
積丹の漁師町で小屋の上のごめに会う。
そこら中にいるのだが、何ともでかい。
意図的に並べた置物のように、
みな、同じ方向をみている。
b0184721_1531575.jpg


北海道といえば、知床世界遺産や、旭山動物園など代表的な観光地もあり、里帰りの度に、きっと行こうと思うのだが、北海道はいささか広くなかなか実現しない。今回も、のんびりできてもそこまでの時間はとれなかった。一緒に連れてったかみさんには、またの、お楽しみ。ってことで。
それでも、せっかくの休みなので、観光気分しようということで、自分たちにはお馴染みになった、小樽の街に出てみた。
毎度で、概ね分かっている街なのだが、新しくなったり、古くなったり。
いつも駆け足なので、見尽くしてなかったり。一街でも丁寧に観るのは、時間が必要です。
しばしの、小樽観光をご一緒に・・・

b0184721_16204586.jpgまずは運河
b0184721_15451679.jpg

b0184721_21244954.jpg人力車の似合う街。

b0184721_13105058.jpg変わらずありました
オルゴール堂
b0184721_147798.jpg小樽らしい町並み

b0184721_1472658.jpg
b0184721_16323956.jpgいろんな万華鏡のある店

b0184721_148662.jpgおみやげで有名な洋菓子店
住宅でもまねしたいアプローチ
b0184721_1483475.jpg建物に特徴はないが、しっかりとおたるを名乗る店舗。
なにやら人気。

聞いてみると訳ありの石のペンダントを置いているらしい。
名前を聞いたら誰でも分かる有名人が、この石を身につけてから、万馬券を3回当てた。
真似て身につけた有名人が、高額宝くじをあてて、それがきっかけでCMのキャラクターになった。等々、逸話がいっぱい。
b0184721_148518.jpg

で、私もあやかってしまった。
信じるものは救われるだろう。
b0184721_189799.jpg


b0184721_17283657.jpg運河の近くにできたレトロな街。
「千と千尋のかみかくし」の舞台の様な雰囲気。
b0184721_13121874.jpg登ると全景が観られます。
b0184721_17211030.jpg

b0184721_17413212.jpg反対側の入口
疲れてきたらお父さんはこちらへ。
b0184721_13135353.jpg

b0184721_2165141.jpg「なると」は地元の人はみんな知ってる空揚げ屋。
鶏の半身をそのままのサイズで揚げています。
ヒエ~!といいながら女性でも簡単に平らげます。
鶏好きにはおすすめです。

北菓楼は、外にテーブルがあって食べられます。ハスカップジュースが夏においしい。
b0184721_21205558.jpg
b0184721_21212597.jpg北菓楼入口
b0184721_21224783.jpg
b0184721_21231829.jpg
小樽は石畳の街であまり土がない。大きな木のプランターでできた寄せ植えが印象的だ。
b0184721_2124459.jpg
さて、そろそろ行ってみたくなった方はいますか?

機会がありましたら、小樽の街へ行ってみてください。

麺喰いの私は、いつも初代のラーメンを楽しみに帰りますが、
今回は、帰路、札幌のすみれで味噌ラーメンを食べました。
b0184721_221089.jpgb0184721_2294734.jpg
by ingfamily | 2010-08-28 22:26 | おでかけ | Comments(2)

男鹿の海にて・・・


河野です。
毎回のことだが・・「ブログ更新してください。」と言われて、どのくらいたっただろうか・・

さて、今回は何年ぶりかで訪れた男鹿について書いてみようと思う。そういえば夏に海に行くことなどしばらくなかったなぁ・・
初めて男鹿を訪れたのは、数十年前の5月でした。太平洋側の海しか見たことがない私には、男鹿の海の色が印象的で、あんなに海の色が違うんだ・・と感じたことを思い出します。
なんか感傷的な文になってきたので・・・本題にいきましょう。

今夏は、雨と晴れの具合がはっきりしてますね。
タイミングがうまくあわないと海に行くことはないなぁ・・と思っていたところ、この日に行かないで・・いつ行くんだ!というぐらいの天気に当たりました。
家族連れや、大学生らしきカップル(今はこんな言い方するのかなぁ・・)
磯で戯れたり、沖まで行って素潜りをしていたりと・・・それぞれ楽しみ方が違うもんだ。
さて我が家といえば、長女はもう海に入るという年頃ではなく・・・ひとり浜辺でピチャ・・ピチャ・・したと思えば車の中にいたりと・・そんな感じ。
し・か・し次女は、さすがだ。とにかく海で遊びたいと一番言っていたので、とにかく海から上がってこようとしない。結局・・わたしも付き合い、2時間近く沖にある岩場で遊んでいた。
磯辺はいいなぁ・・b0184721_0123355.jpg
磯貝やヤドカリ、フナムシがうじゃ・・うじゃ・・おりました。それにしても海水がきれいだ・・


浜から20mぐらいのところです・・・この先の岩場で次女と2時間もおりました・・・
b0184721_0334515.jpg
by ingfamily | 2010-08-21 00:49 | Comments(0)

8月2日、『太陽光発電システムのメリットと仕組み』ということで
講習会を開催しました。
b0184721_1421545.gif

二酸化炭素排出量は、技術の進歩や企業努力により、
わずかながらも減少しています。
ところが家庭からの排出量は増加しています。


温暖化問題、枯渇していく資源エネルギー…。
そこで自然のエネルギー、太陽光発電を一般の家庭に普及させる取り組みが
活発になっています。政府の取り組み、太陽光発電を導入するとどうなるのか、を学びました。
講習会のポイントをまとめてみました。

   ・太陽光発電システム導入による補助金は、国、県、自治体にあり併用も可能。
    設置費用の負担が軽くなる。
    (秋田県・秋田市・横手市・由利本庄市・にかほ市・大潟村)

   ・自宅で使わず余った電力を電力会社に売る、買取制度がある。
    買取期間は10年間で価格は固定。現在は48円/kwhで売ることができる。
    (普及状況ふまえ毎年見直し)

   ・買取制度によりシステム導入に係る費用は10年~15年で回収できる。
    (太陽光発電システムは生産財なので将来必ず返してくれる)

   ・回収後も発電によりくらしのコストが下がり、ゆとりができる。

   ・時間帯別(オール電化)の場合、日中は太陽光でまかない、夜は安い電力(1/4)を
    使うのでさらに経済的。

   ・発電において排出物をださないので、地球にやさしいくらし




b0184721_1426527.jpg
太陽光発電で消費者一人一人がエネルギーをつくると

凄い省エネになりますよね。

全国の小中学校に導入する動きもあるようです。

太陽光発電があたりまえになる時代がくることでしょう。


無限に降り注ぐクリーンなエネルギー、

興味のある方は、ご連絡くださいね。
by ingfamily | 2010-08-11 14:51 | くらしの講習会すっぴんらいふ | Comments(2)